無痛中絶手術

「妊娠したかもしれない」というお悩みがある方に

「妊娠したかもしれない」というお悩みがある方に妊娠している可能性がある場合は、なによりも早く実際に妊娠しているかどうか、そしてそれが正常な妊娠かどうかを確認することが重要です。事情があって妊娠の継続が難しいことがありますし、迷いがあって悩んでしまうこともあります。そうした際にはおひとりで悩まずに、ご相談にいらしてください。当院では、そうしたお悩みを抱えている方を温かくお迎えして、親身にお話をうかがっています。
もしも妊娠していなければお悩みから早く解放されます。また、避妊についての専門的な知識を得ることにもつながってその後の思わぬ妊娠というリスクが低下できます。

妊娠中絶手術について

妊娠中絶手術について当院では、妊娠11週6日までの初期人工妊娠中絶を行っています。また合併症や感染症などがある場合には、対応ができないこともあります。
手術を行うのは、母体保護法指定医師の院長ですから、安心してご相談いただけます。

基本的に、子宮を傷付けるリスクが低い吸引法を用いた手術を行っています。超音波で観察しながら手術を行うことでリスクを減らし、安全性を高めています。吸引法ですから子宮口を事前に開いておく前処置の必要がありません。手術自体の所要時間は10~15分ですが、術後は3~4時間くらいお休みいただいてからご帰宅となります。なお、術後の運転はできませんので、ご来院とご帰宅はタクシーなど公共交通機関を利用されるか、ご家族などの送迎をお願いしています。

麻酔について

麻酔について当院では静脈麻酔による無痛手術を行っています。全身麻酔ですから手術中に痛みを感じることはありませんし、手術中の記憶が残るといったこともありません。
手術室に入室したら点滴から眠るお薬と痛みを取るお薬が入り、麻酔を行い、手術中は全身の状態を厳密に監視して安全に十分な配慮をしながら適切にコントロールしています。
手術終了後には、数分で目が覚めるように調整して余計な薬剤を極力使わないよう心がけています。これによってお身体への負担を軽減しています。

中絶手術当日の流れ

1受付

  1. 受付受付
  2. 書類預かり
  3. 血圧測定・お手洗いを済ませます
  4. 会計
  5. お部屋へご案内
  6. お着替え

2お着替え・点滴

お着替え着替えの後、点滴をします。午前の診察の終了後の手術となりますので、それまで、落ちついた明るさの部屋で、ゆっくりとお待ちいただけます。
※スマートフォンのご利用は可能ですが、通話はご遠慮お願いいたします。

3静脈麻酔・手術

静脈麻酔・手術手術室入室後、静脈麻酔にて、鎮静後手術を行います。手術時間は5~10分程度で終了します。
当院の術式は、子宮内膜に傷をつけにくい『吸引法』を採用しています。

4リカバリー室で休養

リカバリー室で休養リカバリー室で、3~4時間休んでいただき、麻酔から覚め、水分補給・トイレまで歩行できたら、術後の診察をいたします。

5ご帰宅

ご帰宅着替えをし、術後の注意事項・内服薬の説明をしたら、ご帰宅となります。
お帰りの際は、付き添いをお願いするか、タクシーでご帰宅ください。ご帰宅後も、麻酔の影響が残っていますので、安静にしてください。

6翌日検診

翌日検診術後1日目に超音波検査で、出血の有無・子宮の状態を確認します。

7一週間後検診

一週間後検診術後7日目に超音波検査で出血の有無・子宮の状態を確認します。
避妊の相談・低用量ピルの相談もうけたまわります。
避妊には、排卵の始まる前の術後7日目から低用量ピルの内服がおすすめです。
ライフスタイルにあわせて、継続服用されることをおすすめいたします。

費用

4週0日〜5週6日(術後内服薬含む) 110,000円(税別)
6週0日〜7週6日(術後内服薬含む) 120,000円(税別)
8週0日〜9週6日(術後内服薬含む) 130,000円(税別)
10週0日〜11週6日(術後内服薬含む)

140,000円(税別)

※尚、手術日が土、日の場合、または双胎の場合には上記金額に追加料金が発生いたします。詳細はお気軽にお問い合わせください。

未成年の方へ

未成年の方が人工妊娠中絶手術を受ける場合には、保護者の同意書が必要です。できれば最初のご相談から保護者の方が同席されてサポートいただけると、ご本人もより安心できます。お悩みや不安だけでなく、手術はお身体にも大きな負担があります。ご家族の支えがあれば、余計なストレスなく乗り越えることにもつながります。

また、ご相談は早ければ早い方がそれだけ心身への負担が減らせます。そのため、未成年の方でも最初はおひとりの受診で構いません。まずは気兼ねなくいらしてください。

なお、パートナーが未成年の場合には、パートナーの保護者の同意書が必要です。こうした手続きなどに対してご不安がある場合、お悩みのある段階でご相談にいらしてください。悩んで受診のタイミングが遅れると、心身への負担がさらに大きくなってしまいます。
周囲に相談しにくい場合も、「妊娠したかもしれない」と思ったらすぐにいらしてください。当院では、くわしくお話をうかがって、検査や手術の内容、必要な手続きなどについてもわかりやすくお伝えしていますし、どんな些細なご質問にも誠実にお答えしています。
妊娠してからどうしたらいいか決めてからの受診では遅くなってしまいますので、迷いやお悩みがある段階でいらしていただいて大丈夫です。スタッフ全員が温かくお迎えして、親身にお話をうかがって、一番いい選択をできるように全力でお支えしています。中絶手術を選ぶ場合は、早ければ心身への負担が軽くすみますが、後になればなるほど負担が大きくなります。妊娠22週を超えてしまうと中絶をした際に公的機関への届出が必要になってしまいます。さらに妊娠が進むと中絶手術自体が不可能になります。受診を遅らせることにメリットはひとつもありません。できるだけ早く、受診しましょう。

  • 「生理が遅れているだけだから」
  • 「明日、生理が来るかも」
  • 「どうしたらいいかがわからない」
  • 「どうしたらいいか決められない」
  • 「相談相手がいない」
  • 「相談するのが怖い」

上記のような気持ちになったら、すぐにいらしてください。特に、妊娠することを考えてもいなかった場合や、生理が不規則な方の場合、妊娠に気付くのが遅くなりやすい傾向があります。そのため、こうした場合にはより早く受診する必要があります。
早い段階で受診すれば今後についてしっかり考えて決断できます。

受診をおすすめしたいタイミング

月経予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合、妊娠の有無を調べる必要があります。薬局などで売っている市販の妊娠検査薬でもわかりますし、受診して尿検査を受けて調べることもできます。市販の妊娠検査薬で陽性という結果が出たら、できるだけ早く受診してください。

受診して妊娠が確認された場合、妊娠の継続に迷いがあったり、中絶手術を考えている場合には、そのことを医師に伝えてください。「どうしたらいいのか迷っている」「中絶を考えている」と伝えていただいたら大丈夫です。

中絶手術に関するQ&A

持病治療で普段薬を飲んでいる場合、手術当日朝も服薬が必要ですか?

薬によって、当日朝の服薬・休薬は違ってきますし、麻酔薬による影響も考慮する必要があります。事前診察の際にお薬手帳か普段飲んでいる薬をご持参ください。当日朝の休薬や服薬についてくわしくご説明します。

必要な費用は事前にはっきりわかりますか?

中絶手術は健康保険適用されない自費診療ですが、当院では必要な費用がはっきりわかるようにしており、それをくわしくご案内しています。手術に関して当日によほど例外的なことがあって事前にお伝えした費用以外の金額がかかることは極めてまれにしか起こりません。

同意書や手術費用が準備できないかもしれません

手術は同意書と費用の両方が不可欠ですから、どちらかがない場合には手術ができません。なお、手術費用は、現金での一括払いとなります。

未成年の場合の同意書について教えてください

ご本人とパートナーの同意書とは別に、保護者の同意書も必要です。またパートナーが未成年の場合には、パートナーの保護者の同意も必要になります。手術を受けるご本人とパートナーが共に未成年の場合には、ご本人・パートナー、ご本人の保護者・パートナーの保護者という合計4人の署名がある同意書が必要です。

手術には付き添いが必要ですか?

付き添いや立ち合いは特に必要ありません。ただし、術後のご帰宅でふらついたりする可能性がありますので、送迎があると安心できると思います。

未成年の中絶手術では、保護者の付き添いが必要ですか?

保護者の方の携帯電話番号などをお知らせいただいて、いつでもご連絡できる状態であれば付き添いがなくても手術が可能です。ただし、できればご帰宅の際には迎えにきてもらうと安心です。

授乳中に手術を受ける場合、手術後いつから授乳再開できますか?

使用する麻酔薬の内容は年齢や体質、既往症などによって変わるため、授乳の再開に関しても個人差が生じます。医師の指示を守って再開するようにしてください。

双児でも手術は可能ですか?

週数や体調に問題がなければ双児の場合も手術が可能です。ただし、料金が異なりますのでご確認ください。

妊娠検査薬をいつ使えばいいのかわかりません

市販の妊娠検査薬は、月経予定日の1週間後であれば検査可能ですが、検査のタイミングが早過ぎると妊娠しているのに陰性になる可能性があります。陰性になった1週間後に妊娠検査薬で再度調べてみるとより精度が高い結果を得られます。ただし、妊娠の有無は早めにしっかり確認することが重要ですから、受診することをおすすめしています。

手術スケジュールをすぐには作れないのですが、いつまでなら手術できますか?

当院では妊娠11週6日までの初期中絶手術を行っていて、それ以降の手術をお受けすることはできません。手術はできるだけ早く行うことで心身への負担を大きく軽減できます。受診して正確な妊娠週数を確かめてからご検討ください。

妊娠がわかってあまり早く手術するより、少し待った方がいいと耳にしました

妊娠するとホルモンバランスがどんどん変化するため、できるだけ早く手術する方が心身への負担を軽減できるだけでなく、術後の回復も早くなります。先延ばししてしまうと、公的な機関に届出をする必要が生じます。できるだけ早く受診することで、負担の少ない手術日の選択肢も増えます。なにも決まっていない段階でも、とりあえず受診して相談してみることをおすすめしています。

手術後1週間以内に出張や旅行などの外せないスケジュールがあります

術後の経過や制限の期間は、体調や妊娠週数などによって大きく変わります。事前の判断だけでなく、術後の診察で状態を確認してもらった上で、医師の指示に従ってください。

手術に痛みがあるのではと不安です

手術では全身麻酔である静脈麻酔を行うため、手術中の痛みはなく、痛みなど手術内容が記憶として残ることもありません。当院では数多くの手術を行ってきた母体保護法指定医の院長が手術を行っています。麻酔に関しても慎重に全身を管理しながら行っています。

中絶手術の所要時間はどのくらいですか?

当院では妊娠11週6日までの初期中絶手術を吸引法で行っているため、事前処置の必要はなく、手術自体の所要時間は5~10分程度です。手術後、麻酔がすぐに覚めますが、しっかり覚めるまでには3~4時間程度かかることがあり、その間はベッドでお休みいただいています。その後状態を確認してご帰宅となります。

麻酔が効きにくい体質で不安です

当院では、体質や病歴、年齢、体重などにきめ細かく合わせた麻酔を処方しています。手術中は全身管理をしっかり行うため、途中で麻酔が覚めてしまうこともありません。安心してお任せください。

どんな手法の手術内容ですか?

当院では、WHOが『安全な中絶ガイドライン』で推奨している吸引法による手術を行っています。

手術の後、強い下腹部の痛みがあります

手術後の痛みを抑えるために、痛み止めをお渡しできますので、それを服用してください。ご心配な場合にはご連絡ください。

手術後は出血しますか?

術後の出血は2~4週間程度続きます。1週間程度で出血量は徐々に減っていきます。出血量や、減少のペース、期間には個人差があります。おりものに軽く血液が混じる程度ですぐ出血がなくなるケースもありますし、生理2日目程度の出血が続くケースもあります。いつもの生理よりも多い出血が続く場合には受診していただいています。またご不安がある場合には、お気軽にご相談ください。

術後の診察は受けなければいけませんか?

手術翌日及び1週間後の診察は絶対に受けてください。出血の程度や下腹部の痛みなどをチェックし、子宮の状態を確かめます。この診察によって、運動や入浴の再開などの制限内容が変わってきますし、きめ細かい対応でより適切なアドバイスを行えます。また、1週間後の診察以外でも、気になることがありましたらお気軽にいらしてください。

術後のシャワーや入浴に制限はありますか?

シャワーは手術当日から可能ですが、バスタブに浸かるのは術後1週間の診察で医師のOKが出てからにしてください。なお、サウナやプール、温泉に関しては、一般的に手術1ヶ月後以降に可能になります。

仕事復帰はいつごろを考えておけばいいですか?

手術後2~3日は、ご自宅で安静に過ごすのが理想です。デスクワーク程度でしたら、翌日の仕事も可能ですが、安静に過ごさないと出血や痛みが強くなるリスクがあります。仕事を再開して痛みや発熱、出血が改善しない場合には、早めにご相談ください。

いつごろになれば体調が戻りますか?

妊娠すると出産に向けてホルモンバランスが変化します。手術により、通常のホルモンバランスに戻っていきますが、完全に戻るには数週間かかります。ホルモンバランスが戻るまでは疲れやすく、体調を崩しやすいため無理をしないようにしてください。

手術後、うまく眠れません

ホルモンバランスの変化や手術のストレスで、睡眠障害のリスクが高くなります。うまく眠れない、すぐ目覚めてしまう、長時間眠っても疲れが解消しない、昼間強い眠気に襲われるといった睡眠に関する術後の症状は、通常2週間程度で改善に向かいます。それ以上続くようでしたら、ご相談にいらしてください。

手術後、いつごろになったら妊娠できますか?

手術直後から妊娠は可能ですが、手術で子宮内膜に細かい傷ができている可能性がありますし、感染リスクが高いため、術後2週間以上は性交渉を控えるようお願いしています。早い妊娠をご希望になっている場合も、数回の生理を経てからの妊娠計画をおすすめしています。妊娠をご希望の場合には、術後1ヶ月後と3ヶ月後に受診して状態を確認することで、より安全な妊娠をサポートしています。

手術後の性交渉再開はいつが適当ですか?

手術直後は感染しやすいため、手術後2週間は性交渉を控えるようお願いしています。また手術直後であっても妊娠する可能性があることを忘れず、必ず避妊してください。当院では、低用量ピルや避妊リングなど、女性がご自分の身体を守りながら避妊できる方法についても、ご希望があればくわしくご説明し、処方しています。

飲酒再開はいつくらいに可能ですか?

手術後の出血がある間は禁酒を守ってください。また、アルコール摂取の再開時期については個人差がありますので、手術後の診療で状態を確認してもらった上で医師と相談してください。

低用量ピルは手術後、いつから服用しはじめたらいいですか?

一般的に、手術後最初の月経がはじまった日ですが、当院では手術後1週間以内に服用を開始するようおすすめしています。それまでの間は、コンドームによる避妊が必要です。手術を機会にピル服用を検討されている場合も、お気軽にご相談ください。

中絶手術で将来妊娠しにくくなってしまいますか?

中絶手術を経験した方が妊娠しにくくなる可能性はゼロではありません。妊娠しにくくなる主な原因は、子宮内膜が薄くなってしまうことなどであり、それは術後の感染や癒着によって起こります。中絶手術を何度も繰り返すと感染や癒着を起こすリスクは当然増えてしまいます。こうしたリスクを減らすためには、術後の安静などの制限をしっかり守り、手術の1週間後に行う診察を必ず受けることが重要です。当院では、手術経験が豊富な母体保護法指定医である院長が安全性の高い手法で手術を行っています。また、器具の洗浄や殺菌も徹底的に行うことで感染リスクを大幅に軽減し、リスクをゼロに近付けるようにしています。また、1週間後の診察に加え、1ヶ月後・3ヶ月後などに定期的な検診を行って将来の妊娠をはじめとしたお身体の変化をフォローする「婦人科かかりつけ医」としての診療も行っています。気になることがありましたら、なんでも遠慮せずにご質問ください。

一番上に戻る
TEL:045-594-7341 ネット予約はこちら