おりものの異常

「いつもと違う?」おりものの異常

「いつもと違う?」おりものの異常おりものの異常は見た目などでわかりやすいことから、それをきっかけにして婦人科を受診されるケースは少なくありません。異常には、量が多い、色や臭いがいつもと違う、血が混じっているなどがあります。正常でもこうした変化を起こすことがありますが、それほど目立つ異常ではなくても深刻な病気が原因になっていることもあります。おりものの役割や正常な状態、注意が必要な変化などを知って、的確な治療につなげましょう。

おりものとは

膣や子宮出口からの分泌物で、膣粘膜の潤いをキープして、病原体の侵入や増殖を防ぐ役割を担っています。膣は尿道や肛門から近く、奥には赤ちゃんを育てる子宮がありますので、大腸菌やカンジダ真菌などの侵入や増殖を防ぐのは特に重要な役割です。おりものにはデーデルライン桿菌という善玉菌がいて、病原体の侵入や増殖を防いでいます。このデーデルライン桿菌が減ってしまったり、いなくなってしまうと感染しやすくなってしまいます。最近、シャワートイレで頻繁に洗浄し過ぎて善玉菌のデーデルライン桿菌まで流されてしまって感染を起こしているケースが少なくないため注意が必要です。
正常なおりものは生卵の卵白のように半透明から白っぽい色で、強くはありませんが粘度があります。臭いはあまりありませんが、生理中や直後には正常なおりものでも少し臭いが気になることがあります。
おりものの量は生理周期によるホルモン分泌量の変化で変わり、排卵期から生理前まではおりものが増えやすくなっています。排卵期から生理前ではない時期に明らかにおりものが増えた場合には感染などの可能性もあります。
また、おりものの量を気にしてシートを使っていて雑菌が増えたことでかえっておりものの量が増えてしまうこともあります。また、おりものシートやナプキン、タンポンを頻繁に変えないと、おりものの雑菌が増加してしまうため、早めに取り替えるようにしましょう。

おりものの異常によって発見可能な疾患

量・色・臭い・かゆみなど、「いつもと違う」と感じるおりものがあった場合には、気軽に婦人科を受診しましょう。感染症や子宮頸がんなど、早急な治療が必要な疾患の初期症状としておりものの変化が生じている可能性があります。下記のようなおりものに気付いたら、できるだけ早くいらしてください。

血液が混じったおりもの

おりものの中に赤い血液が混じっている状態で、おりもの全体がピンク色をしている、おりものが茶色っぽいなどがあります。血液が混じったおりものがある場合、不正出血を起こしている可能性があります。不正出血は、子宮がんや子宮頸管炎、子宮頸管ポリープなどの婦人科疾患の症状として起きていることがあります。一時的なものでも、早めに受診しましょう。

水っぽいおりものが大量に出る

クラミジア頸管炎や卵巣のう腫の可能性があります。クラミジアは近年増加傾向にある性感染症で、発熱や腹膜炎を起こすことがありますし、放置していると不妊につながることもあります。抗生剤などで適切な治療を受ければ治りますので、こうした症状があったら必ず受診してください。

黄色や緑がかったおりもの

細菌性膣炎が疑われます。雑菌の感染によるものは自然治癒する可能性もありますが、淋菌に感染していることも考えられます。淋菌に感染して放置していると不妊や子宮外妊娠のリスクが上昇し、子宮や卵管などに炎症を起こす可能性もあります。すぐに受診して抗生剤による適切な治療を受けましょう。

ヨーグルトや酒粕のようなおりもの

白っぽくボソボソしたおりもので、かゆみをともなう場合には、カンジダ膣炎の可能性があります。かゆみが強い場合や、いったん治まっても繰り返す場合には受診をおすすめします。

臭いが強い

雑菌のガードネレラが膣内で増殖している可能性があります。また、膣内に異物があるケースでも強い臭いが生じることがあります。受診して適切な治療を受けましょう。

泡状のおりもの

強いかゆみをともなう場合には、トリコモナス膣炎の可能性があります。できるだけ早く受診して、適切な治療を受けてください。

一番上に戻る
TEL:045-594-7341 ネット予約はこちら