アフターピル(緊急避妊ピル)

モーニングアフターピルとは

避妊できなかった、避妊に失敗した際に服用する緊急避妊薬です。一般的な避妊用のピルと違い、避妊していない性交後72時間以内に正しく服用することで98%の避妊効果が期待できるとされています。早く服用することで成功率が高くなるとされているため、24時間以内の服用が理想です。72時間以上経過してしまうと、避妊の成功率はどんどん下がってしまいますので、できるだけ早く受診してください。

妊娠阻止率 ヤツペ法との比較

こんな時には、できるだけ早くご相談ください

  • コンドームが途中で破れた
  • コンドームが途中で外れた
  • 途中までコンドームを着用していなかった
  • 避妊してくれていると思っていたら、していなかった
  • 妊娠を希望していないのに、避妊できなかった
  • 低用量ピル服用で避妊しているが、飲み忘れた

性交後72時間(3日)以内、理想的には24時間以内にモーニングアフターピルを服用することで、高い避妊効果が得られます。

当院で処方しているモーニングアフターピル

レボノルゲストレル錠※ノルレボ錠のジェネリックです

レボノルゲストレル錠ノルレボ錠のジェネリックとして登場したモーニングアフターピルの新薬です。
ノルレボ錠同様に1度の服用で高い避妊効果が期待できます。
また、比較的副作用が少ないとされています。

ヤッペ法(プラノバール錠)

プラノバール錠12時間内に2回目の内服が必要です。
レボノルゲストレルと比べて嘔気がつよく嘔吐してしまうと効果が得られません。
例)16時に1回目の場合、AM4時に2回目の内服をしなければなりません
そんな扱いにくい薬剤にかわって開発されたのがノルレボ錠です。

アフターピル(緊急避妊ピル)の費用

ノルレボ(診察料込み) 10,000円(土・日+3,000円)
(ヤッペ法)プラノバール(診察料込み) 4,000円(土・日+3,000円)

※価格は全て税込です。

服用方法

性交後72時間(3日)以内の服用で、高い避妊効果が期待できます。

注意点

モーニングアフターピルは緊急用の避妊薬です。服用すると一時的にホルモンバランスが大きく乱れますので、連続使用はできません。モーニングアフターピルを事後に処方してもらえば大丈夫と安易に避妊しないで性行為をすることは絶対にしないでください。短期間の連続使用をすると避妊効果が得られない場合があります。

服用前後の注意点として、飲酒は控えてください。アルコールを摂取した場合、強い副作用が現れる可能性がありますし、成分排出が促進され過ぎて避妊効果を得られなくなることもあります。

モーニングアフターピルの副作用

吐き気を感じるケースがありますので、食後の服用をおすすめしています。

モーニングアフターピルの避妊効果

モーニングアフターピルは、100%の避妊効果が保障された薬剤ではありません。WHO(世界保健機関)では、性交から72時間以内に正しくモーニングアフターピルを使用することで、98%の避妊効果があるとしています。

できるだけ早い服用で高い効果

モーニングアフターピルは、性交後にできるだけ早く服用することで、避妊の成功率が向上することが報告されています。性交後72時間以内とされていますが、理想を言えば24時間以内の服用が最も高い効果を期待できます。

ただし、性交後72時間(3日)が過ぎてしまった場合も、モーニングアフターピルの服用に全く意味がないわけではありません。避妊の成功率は下がってしまいますが、ある程度の効果は期待できますので、とりあえずご相談ください。

一番上に戻る
TEL:045-594-7341 ネット予約はこちら