不正出血

不正出血とは

不正出血生理以外で性器から出血することで、正確には不正性器出血と呼ばれます。特に異常がなく排卵期に起こる中間期出血もありますが、ホルモン異常や深刻な婦人科疾患が原因になっている可能性もあるため注意が必要です。

不正出血を起こす主な原因

炎症

細菌やウイルスなどの感染、萎縮性膣炎、子宮内膜炎など

ホルモン異常

卵巣機能不全、月経異常など

良性腫瘍

子宮筋腫、子宮頸部や内膜のポリープなど

悪性腫瘍

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、子宮肉腫、膣がんなど

子宮膣部びらん

病気ではないケースもありますが、子宮頸がんの初期症状として起こっている可能性もあります。若い女性の不正出血は、子宮膣部びらんによるものが多くなっています。

妊娠にともなう不正出血

流産、異所性妊娠など

上記以外の病気で不正出血を起こしているケースもありますし、尿道や肛門からの出血を不正出血と勘違いしていることもあります。

不正出血に気付いたら

不正出血に気付いたら不正出血は重大な病気の症状として現れている可能性がありますので、症状に気付いたら早めに婦人科を受診してください。ごく初期の段階で一般的な検査では原因がわからないケースもありますが、不正出血をその後も繰り返すようでしたら、できるだけ前と同じクリニックを受診することをおすすめします。以前の検査結果をベースにより適切な検査につなげることができますし、微細な変化を比べることもできるため、精度の高い診断が可能になります。

一番上に戻る
TEL:045-594-7341 ネット予約はこちら